お茶


行ってきました!「家康公御用茶の里にて じっくりお茶摘み手伝い」 その3

摘んで!摘んで!!摘んで!!!(後半) お茶摘み後半戦の前に、お茶でいっぷく( ^^) _旦~~   昔、農家さんが、自生の茶をたき火であぶってヤカンで煮出して、山仕事の時に飲んだお茶 “いぶり茶”をガスコンロで再現。 茶葉の甘さが口の中にほわっと広がって、疲れた体がほっこり。 後半戦


行ってきました!「家康公御用茶の里にて じっくりお茶摘み手伝い」 その2

お茶を摘んで!摘んで!!摘んで!!! まずは、「足久保山彦会」リーダー武田一彦さんによる茶摘みの仕方の説明。 みんなの見つめる先には、すでに朝から地元のお母さん達がせっせとお茶摘みをしています。 なぜなら、このツアーただのお茶摘み体験ではありません。 参加されたお客様と地元の方々が一緒に手摘みしたお茶は、足久保「てんだ


読売新聞さん

☆募集中☆ 世界お茶まつり公認ツアー 読売新聞さんに掲載していただいました。 “


☆受付開始☆「ワインツーリズムやまなし2012」参加ツアー

※終了しました。ありがとうございました。 甲州ワインの産地で『大人の遠足』 「ワインツーリズムやまなし2012」参加ツアー募集開始!!   「ワインツーリズムやまなし」の季節がやってきました! 晩秋の一日を、山梨のワインと、食と、人と、文化で楽しみましょう! 今年も対象エリア別に、2日間開催されます。 リベロ


受付終了 ☆☆しずおか茶のまちSANPO!(静岡市)

*募集は終了致しました。ありがとうございました。   しずおか茶のまちSANPO! (静岡市)   ※写真はイメージです       ご好評いただいているお茶のまち静岡の散策です。製茶問屋にお邪魔したり、茶のまちの歴史やたたずまいを体感したり、静岡ならではの味を体験した


☆☆しずおか茶のまちSANPO!(静岡市)

*終了しました。ありがとうございました! しずおか茶のまちSANPO!(静岡市) ※写真はイメージです ご好評いただいているお茶のまち静岡の散策です。製茶問屋にお邪魔したり、茶のまちの歴史やたたずまいを体感したり、静岡ならではの味を体験したり。静岡浅間神社にもお茶に関係する見どころアリ!門前の浅間通りは新旧混在のおもし


☆☆手揉み川根揉み切り流に挑戦!茶縁喫茶で川根茶満喫!(川根本町)

*終了しました。ありがとうございました! 手揉み川根揉み切り流に挑戦! 茶縁喫茶で川根茶満喫!(川根本町)   名人たちのご指導でお茶づくりの原点、手揉みに挑戦しましょう!揉んだお茶はお土産にお持ち帰りいただけます。 また、川根揉み切り流誕生の地、元藤川地区の茶農家が始めた「茶縁喫茶」を訪問。庭先などで園主自


☆☆恒例!地元茶でもてなす会と静岡茶輸出の歴史(静岡市清水区)

*終了致しました。ありがとうございました。 恒例!地元茶でもてなす会と静岡茶輸出の歴史 (静岡市清水区) 桜葉の香りのお茶『まちこ』を生んだ「清水みんなのお茶を創る会」主催のイベントに参加します。 清水4地区の茶農家による「産地茶会」、「まちこ茶会」、お楽しみ「茶歌舞伎」、「産直市」など定番メニューに加え、今年は「全国


受付終了 ☆☆山間の村に茶づくりの歴史、隠れた近代産業遺産発見!(島田市)

*終了致しました。ありがとうございました。 山間の村に茶づくりの歴史、隠れた近代産業 遺産発見!(島田市)     ※写真はイメージです       幕末、山間の小さな村に、村民の生き残りをかけた高級手揉み茶づくりの歴史がありました。150年前の茶園の茶葉で昔ながらの「湯びく茶」


!しずおか茶のまちSANPO ~北番町・浅間通り~(静岡市)

※終了しました。ありがとうございました。  しずおか茶のまちSANPO!~北番町・浅間通り~ (静岡市) ※写真はイメージです 日本一のお茶の集積地 静岡のまちをぷらっと歩いてみませんか? 今回は、静岡茶市場(株)のある北番町と、市民の心のよりどころ浅間神社、そして浅間通り商店街を巡ります。 アノ茶商さんやお


!朝比奈 東平さんの玉露と増井さんの玉露フレンチ(藤枝市・静岡市)

朝比奈 東平さんの玉露と増井さんの玉露フレンチ (藤枝市・静岡市)   玉露の匠、前島東平さんとフランス シュヴァリエ勲章受勲の若きフレンチシェフ、増井靖丈さんのコラボレーションです。 玉露日本三大産地のひとつ、岡部町朝比奈に前島さんを訪問。地区独特の飲み方「つゆ茶」で名人の玉露をいただきます。 昼食は、厳選


!「ワインツーリズムやまなし2011」参加ツアー

※終了しました。ありがとうございました。 「ワインツーリズムやまなし2011」参加ツアー   お待たせしました!恒例「ワインツーリズムやまなし」の季節です。 今年も山梨のワインと、食と、人と、文化を満喫しましょう!今年で4回目、年々注目が高まるこのイベント、今年は拡大した参加エリアを分けて2日間開催されます。