その他


募集中 須走・冨士浅間神社特別参拝と富士下山ハイキング

静岡県民限定企画! 再チャレンジ! 須走・冨士浅間神社特別参拝と富士下山ハイキング ※悪天候で中止となったツアー(7月3、4日)の再チャレンジツアーです。 ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー 世界文化遺産の富士山に、誰もが気軽に係わり、親しむことができる”現代版・富士講” 「須走富士山巡拝の道」を体感できる2日


受付終了 2年ぶりの富士山へ!須走・冨士浅間神社特別参拝と富士下山ハイキング

静岡県民限定企画! 2年ぶりの富士山へ! 須走・冨士浅間神社特別参拝と富士下山ハイキング 世界文化遺産の富士山に、誰もが気軽に係わり、親しむことができる”現代版・富士講” 「須走富士山巡拝の道」を体感できる2日間です。 冨士浅間神社と古御嶽神社での特別な参拝、富士山を多角的に学ぶ講座、自然と歴史を 感じながらの富士下山


受付終了 フラワー&グリーンサロンinユーカリ展示場

【7/25開催】フラワー&グリーンサロン  in ユーカリ展示場   緑豊かな屋外広場にたくさんのお花が並ぶフラワーイベントです。 静岡市内の個性的な花屋さん5店舗が出店。 お客様はそれぞれのお店から好きな花や緑を選んで、お花のプロに自分好みの花束を仕立ててもらえます!アドバイスを受けながら自分で仕上


Photogenic KAWANE 絶景と人に出逢う旅

募集は終了しました。 川根本町美しい茶園でつながるプロジェクト モニターツアー  Photogenic KAWANE  絶景と人に出逢う旅 静岡県川根本町内の茶園景観やあなたの日常の中で見つけた「川根茶」をインスタグラムに投稿する「#つながる川根茶インスタグラムフォトコンテスト」に合わせて、町内のフ


奥大井・井川で在来作物と焼畑農法に出会う旅

~静岡市 中山間地振興課 オクシズモニターツアー~ 静岡の秘境!井川の地に、世代を越えて受け継がれてきた多数の在来作物。 その背景にある風土や歴史、人々の暮らしを垣間見るまち歩きをしたりの2日間です。 早朝の山焼きは幻想的です!   「井川の焼畑農業の会」主催の焼畑に参加します。   *-*-*-*


全国地紅茶サミットin下田 紅茶クルーズ

開催日時:11月29日(日)12:00~13:30 集合場所:伊豆クルーズ下田港遊覧船のりば(伊豆急下田駅より徒歩15分) http://www.izu-kamori.jp/izu-cruise/#anchorAccess ≪お申し込みの流れ≫ ①  


家康公のパワースポット、静岡浅間神社と駿府のまち歩き

◆徳川家康公顕彰四百年記念ツアー神職の解説でじっくり参拝。 境内七つの神社をめぐり、主たる神部・浅間両神社の本殿を正式参拝します。   家康公の逸話が残る神社周辺をめぐりながら、静岡市渾身の企画展「徳川家康公と駿府」を観覧。 四百年祭メインイベント「天下泰平まつり」の会場までご案内します。   こち


特別モニターツアー☆西伊豆でジオハイキング

そふと研究室伊豆かかりつけ湯協議会 特別モニターツアー   ◇ガイドがご案内 半うどんにはご自身で削ったかつ節をたっぷりかけて召し上がれ!   ◇ダイナミックな地形を温泉からも 西伊豆堂ヶ島を眺めながら、ひろびろゆったり寛いでいただける大浴場。 ※前日に「御宿しんしま」へお泊りの方はお迎えも可能です


大人の自転車修学旅行 晩秋の古都鎌倉。 ツアー

そふと研究室 × 外あそびユニットtent. 『自然と関わりながら愉しむ、日々の暮らし』をテーマに、山歩きやサイクリングなどのイベントを展開する「外あそびユニットtent.」とのコラボ企画     大人の自転車修学旅行 晩秋の古都鎌倉。   自転車をバスに積み込んで、日本の素敵


受付終了 ジオで紐解く 昔と今の祈りの地

※募集は終了いたしました。ありがとうございました。     そふと研究室 × 伊豆かかりつけ協議会   特別モニターツアー 認定ガイドと行く「湯めぐりジオツアー」第1弾       ジオで紐解く   昔と今の祈りの地   伊豆最古の宮「白濱


!!アートIN伊豆 『伊豆陶芸十人展』鑑賞ツアー

アートIN伊豆『伊豆陶芸十人展』鑑賞ツアー 募集中! 修善寺温泉街にある『クラフトギャラリー三洲園』が主催する『伊豆陶芸十人展』。今年で27回を数え、伊豆の陶芸家作品を愛する人たちが、毎年、心待ちにしている展覧会です。 伊豆には多くの陶芸家が居住し、その数100人とも200人とも言われます。しかし、伊豆地域内でも、まと


モニターツアー緊急募集! 伊豆の文学『天城越え』の舞台を訪ねる旅

伊豆市観光協会天城支部「文学の里づくり」モニターツアー緊急募集!!! 伊豆の文学 『天城越え』の舞台を訪ねる旅 今年、生誕100年を迎えたミステリーの巨匠、松本清張の小説『天城越え』の舞台となった伊豆市を訪ねます。 16歳の鍛冶屋の倅「私」が下田の家を飛び出し、天城峠を越えて初めてトンネルの向こうの“他国&