HOME  >  リベロツアーのご案内  >  富士山  >  【頂上を目指さない富士山ツアー2019】夏の宝永火口・下山トレッキング
富士山ツアー

【頂上を目指さない富士山ツアー2019】夏の宝永火口・下山トレッキング

募集は終了しました。
2019/07/24 [ 1924hit ]

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 夏の宝永火口・下山トレッキング 

 ~大地の息吹と森の移ろいを感じる山旅~

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

●旅行日程:2019年8月11日(日・祝)※山の日

●旅行代金:15,000円(税別)貸切バス、昼食、ガイド費が含まれます。

●募集人数:20名(最少催行人数12名)

----------------------------------

・体力レベル  ★★★★

・歩く距離   約8,5km

・標高差    約1,050m

・コースタイム 7時間30分(昼食・休憩含む) 

----------------------------------

 ツアーのみどころ&おすすめポイント 

 

富士登山のハイシーズンでも、静かな山道をのんびりペースで自然満喫!

富士宮口五合目(標高約2,400m)から六合目(標高約2,500m)まで、まずは30分ほど登ります。1707年、宝永の大噴火で誕生した巨大な宝永第一火口より下山開始。このコースは森林の成り立ちを辿る道でもあり、草地から低木、針葉樹、広葉樹へと植生の移り変わりをたっぷりと実感できる富士下山のフルコース!距離、標高差ともに健脚な方向けです。

 

▲森林限界付近の五合目をスタート!

富士宮口五合目(標高約2,400m)から六合目(標高約2,500m)まで、まず30分程ゆっくりと登ります。山小屋脇の分岐点で山頂を目指す登山者と別れ、宝永第一火口へ

 

▲コケモモ

地面に這うように広がり、よく群生します。赤く熟した実は甘酸っぱく、「不老不死」の実として仙人が食べていたとの言い伝えも・・・

 

▲巨大な宝永第一火口!

 

▲フジアザミ

富士山周辺に多いことから”フジ”の名がつけられました。日本産のアザミの中では最も大きな花を咲かせます。トゲトゲに気をつけて!

 

▲鈴木ガイドお手製「植物解説ハンドブック」

イラストが得意な鈴木ガイドが、ツアー毎に心をこめて作製しています。ポケットサイズで折りたためるので、山歩きの際にも携帯できて便利!

 

▲鈴木ガイドの解説に興味津々!

 

▲森林セラピー効果もバッチリ!

「ヒメシャラって冷たくて気持ちいい~♪」

 

▲しっとりと苔むした森を抜けたらゴール!

 

***************

●2018年、夏のツアーの様子はツアーレポートでもご紹介しています

http://soft-labo.net/modules/album/index.php?lid=148

 

「頂上を目指さない富士山ツアー」 とは 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
富士山の楽しさは、登頂することだけにアラズ。
五合目より下の富士山はやさしく歩けてオモシロイ!
多様な自然に彩られ、魅力に溢れた富士山の山腹を、『頂上を目指さない

富士山さんぽ』の著者である鈴木渉氏のガイドで楽しむツアーです!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

●ガイド:鈴木渉 氏(Wataru Suzuki)

 

>>山岳ガイド・写真家<<

「頂上を目指さない富士山さんぽ」(ポプラ社)の著者であり、多彩な富士山の愉しみ方を提案・実践している。好きな食べ物は、おにぎり。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

● お申し込みの方は、弊社旅行条件書をこちらよりご確認ください。

旅行日程2019年8月11日(日・祝)※山の日
旅行代金15,000円(税別)※貸切バス、昼食、ガイド費を含みます。
募集人数20名(最少催行人数12名)※最少催行人数に満たない場合、催行されない場合があります。
利用交通機関スルガ観光株式会社 小型バス
行程07:00JR静岡駅==08:00JR新富士駅==09:30富士宮口五合目~富士山腹で山歩き~17:00森の駅富士山(水ヶ塚公園駐車場)==18:30JR新富士駅==19:30JR静岡駅到着(予定)
備考・登山ガイドが同行いたします。
・歩く距離は約8,5kmです。
・山の中を歩くため、トレッキングシューズや動きやすい服装でお出かけください。
・天候、交通事情等により、やむを得ずツアー行程、各地発着時間に変更が生じることがございます。
持ち物・レインウェア、タオル、飲料水、健康保険証、常備薬など。
・荷物はリュックサックなどで背負い、両手を空けるのが望ましいです。
・その他、敷き物(昼食時用)など

※持ち物や装備につきましては、再度ツアー前に詳細をご案内いたします。
※その他ご不明な点はお問い合わせください。
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 51  件):   前  1  2  3  4  5  6  7  .. 51