HOME  >  リベロツアーのご案内  >  富士山  >  【頂上を目指さない富士山ツアー2019】夏の御中道ハイキング
富士山ツアー

【頂上を目指さない富士山ツアー2019】夏の御中道ハイキング

募集中
2019/05/20 [ 368hit ]

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 夏の御中道ハイキング  

~天地の境に高嶺の花を訪ねる山旅~

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

●旅行日程:2019年7月21日(日)

●旅行代金:15,000円(税別)貸切バス、昼食、ガイド費が含まれます。

●募集人数:20名(最少催行人数12名)

----------------------------------

・体力レベル  ★★

・歩く距離   約4,5km

・標高差    100m

・コースタイム 4時間30分(昼食・休憩含む) 

----------------------------------

 ツアーのみどころ&おすすめポイント 

 

古くから天地の境目ともいわれた御中道(おちゅうどう)は、富士講修行の道として、3回以上の富士山登頂を果たした者のみが歩くことを許されたといわれています。このコースは、富士スバルライン五合目(標高約2,300m)を起点に奥庭(標高約2,200m)まで、御中道の一部である樹林帯をほぼ水平に進みます。高山植物が好きな方や山歩き初心者の方におすすめのやさしいコースです。

 

▲世界各国からの観光客や登山者でにぎわうスバルライン五合目!

 

▲五合目の喧騒を離れて、静寂の世界へ!

ダケカンバやシラビソなどの樹林の中に、夏はハクサンシャクナゲの花が咲き乱れ、足元にはコケモモなどの高山植物が目を楽しませてくれます。

 

▲可憐なハクサンシャクナゲの花!

見頃は7月中旬~下旬頃。御中道は別名「シャクナゲ街道」とも呼ばれ、富士山五合目と御庭を結びます。

 

▲自然の猛威

厳しい風雪に耐えながら生きるダケカンバの姿に、富士山の自然環境の厳しさを感じます。

 

▲てくてくと御中道歩き!

このコースは間近に富士山頂を仰ぎ見つつ、歩くことができるのが魅力。もう一方には北麓に広がる富士五湖や南アルプス、八ヶ岳などの壮大な景色が広がります。

 

▲色鮮やかに舞うサギマダラ!

別名「渡りの蝶」「旅蝶」とも。夏には富士山の中腹で羽を休めます。

 

▲天狗岩

富士山に住む天狗様が、奥庭の美しさに魅せられ、遊びに来ていたという伝説も!

 

▲奥庭からの絶景!

天然の盆栽の様に地を這うカラマツ越しの富士山の眺めは格別。「庭」という地名から、庭園を思わせるような自然の楽園が広がる奥庭は、フォトスポットとしても人気の高い場所です。

***************

 

「頂上を目指さない富士山ツアー」 とは 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
富士山の楽しさは、登頂することだけにアラズ。
五合目より下の富士山はやさしく歩けてオモシロイ!
多様な自然に彩られ、魅力に溢れた富士山の山腹を、『頂上を目指さない

富士山さんぽ』の著者である鈴木渉氏のガイドで楽しむツアーです!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

●ガイド:鈴木渉 氏(Wataru Suzuki)

 

>>山岳ガイド・写真家<<

「頂上を目指さない富士山さんぽ」(ポプラ社)の著者であり、多彩な富士山の愉しみ方を提案・実践している。好きな食べ物は、おにぎり。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

● お申し込みの方は、弊社旅行条件書をこちらよりご確認ください。

 

旅行日程2019年7月21日(日)
旅行代金15,000円(税別)※貸切バス、昼食、ガイド費が含まれます。
募集人数20名(最少催行人数12名)※最少催行人数に満たない場合、催行されない場合があります。
行程07:00 JR静岡駅== 08:00 JR新富士駅==10:30富士スバルライン五合目~富士山腹で山歩き~15:00奥庭駐車場==16:00道の駅朝霧高原==17:30 JR新富士駅 ==18:30 JR静岡駅到着(予定)
備考・登山ガイドが同行いたします。
・歩く距離は約4,5kmです。
・山の中を歩くため、トレッキングシューズや動きやすい服装でお出かけください。
・天候、交通事情等により、やむを得ずツアー行程、各地発着時間に変更が生じることがございます。
持ち物・レインウェア、タオル、飲料水、健康保険証、常備薬など。
・荷物はリュックサックなどで背負い、両手を空けるのが望ましいです。
・その他、敷き物(昼食時用)など

※持ち物や装備につきましては、再度ツアー前に詳細をご案内いたします。
※その他ご不明な点はお問い合わせください。
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 51  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 51