HOME  >  お茶ツーリズム資源 取材日記  >  農家  >  【静岡市】マルシロ園
お茶ツーリズム資源 取材日記

【静岡市】マルシロ園

[ 896hit ]



先代から自園自製自売を続ける「マルシロ園」は、JR静岡駅からバスで約10分という好アクセス。

 

「敷地内には、荒茶と仕上げの茶工場、冷凍冷蔵庫があります。静岡市の街中の生産者としては、珍しいかもしれません」と城塚 とき枝さん。この立地を生かして、ツアーの合間の立ち寄り先としても受入できれば、と意欲的です。

敷地内には、戦災で残った釜炒りの鉄鍋といった古い茶道具も。「平らな形をした釜炒りの鉄鍋は珍しい」という茶業研究センターの先生の言葉を受け、この鉄鍋を使っての釜炒り茶づくりも考えているそうです。

 


静岡県内では数少ない白葉茶や、手摘みの「さえみどり」でつくった和紅茶といった珍しいお茶のほかにも、すりばちですり潰した茶葉を濾して飲む「すりばち茶」という独特の飲み方も披露してくれて、お茶の奥深さに改めて驚くばかりでした。


 

-----

訪ねてみたい!もっと詳しい話を聞いてみたい!という方は

(株)そふと研究室までお気軽にお問い合わせください。

 

●電話:054-272-0525

メールはこちら

 

この情報は、静岡県「茶の都しずおか」における静岡茶ツーリズム等推進システムの構築業務で取材しました。

農家 )
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 55  件):     1 ..  9  10  11  12  13  14  15  .. 55