HOME  >  お茶ツーリズム資源 取材日記  >  茶商  >  【静岡市】株式会社白形傳四郎商店
お茶ツーリズム資源 取材日記

【静岡市】株式会社白形傳四郎商店

[ 407hit ]

業者向けの卸が主流だった大正時代に、創業者が行商しながら個人売りをしていた「白形傳四郎商店」。茶業界では通信販売の先駆けとなり、その通販事業は、海を越えた北米に支店を展開するほどに成長しました。

 
海外からの視察やツアーの受入経験も豊富で、旅行会社や観光業者の問い合わせも多いそう。
「お店に足を運んでもらいたいですね。あと、“傳ちゃん”を見たら、うちの店だとわかってもらえるようになれば」とツーリズムの受入にも前向きな白形 和之さん。


 

“傳ちゃん”は白形傳四郎商店のシンボル。前社長がお寺に奉られていた人形を気に入って、それを絵に描いたのが誕生のきっかけなんだそうです。
店舗の入口にある看板娘ならぬ看板人形“傳ちゃん”が、今日もお客様を出迎えます。


 

-----

訪ねてみたい!もっと詳しい話を聞いてみたい!という方は

(株)そふと研究室までお気軽にお問い合わせください。

 

●電話:054-272-0525

メールはこちら

 

この情報は、静岡県「茶の都しずおか」における静岡茶ツーリズム等推進システムの構築業務で取材しました。

茶商 )
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 22  件):     1  2  3  4  5  6  7  8  .. 22