HOME  >  お茶ツーリズム資源 取材日記  >  農家  >  【浜松市】八蔵園
お茶ツーリズム資源 取材日記

【浜松市】八蔵園

[ 875hit ]

20年前、「八蔵園(やぞうえん)」鈴木 猛史さんの呼びかけのもと、地区の組合すべてが有機茶栽培に切り替わりました。組合全体での例は珍しく、その栽培面積は、静岡県の有機茶栽培面積の約1/3を占めるそうです。

 

 

八蔵園は、春野の山の中腹、標高約400mの場所に茶園があります。

とにもかくにも足を運んでもらわないことには!と、地元住民と移住者が自宅を開放しておもてなしする「春野人めぐり」というイベントにも力を入れています。八蔵園では、手揉みの和紅茶や烏龍茶づくりのほか、春野の暮らし相談も実施したそうです。

 

 

「町の生き残りがかかっていますからね。ここには新規就農者にとって心強い共同の茶園と茶工場があるので、有機茶をきっかけにして、春野への移住を促せれば」

 

50年先の町を見据えて、移住促進の音頭をとる鈴木さん。その言葉が、春野の山に響きます。

 

 

-----

訪ねてみたい!もっと詳しい話を聞いてみたい!という方は

(株)そふと研究室までお気軽にお問い合わせください。

 

●電話:054-272-0525

メールはこちら

 

この情報は、静岡県「茶の都しずおか」における静岡茶ツーリズム等推進システムの構築業務で取材しました。

農家 )
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 55  件):     1 ..  47  48  49  50  51  52  53  .. 55