HOME  >  お茶ツーリズム資源 取材日記  >  農家  >  【牧之原市】釜炒り茶 柴本
お茶ツーリズム資源 取材日記

【牧之原市】釜炒り茶 柴本

[ 1064hit ]

 

日本のお茶生産量の1%にも満たないと言われ、静岡県内でもたいへん希少なお茶である釜炒り茶。

釜炒り茶とは、生茶葉を鉄釜で炒り、揉みながら乾燥させてつくるお茶のこと。

その数少ないつくり手の一人が、牧之原の柴本俊史(としふみ)さんです。

高校時代に釜炒り茶と出会ったのがきっかけで、放棄畑を借りてお茶づくりにいたったそうです。

 

 

これは、工場の裏で飼っているヤギの天然有機肥料、いわゆる“ヤギ農法”でつくった釜炒り茶です」と柴本さんが淹れてくれたお茶は、すっきりとした味わいながらも、一煎一煎、味と香りの変化が楽しめます。

 

パッケージにヤギのはんこが押されていたり、裏にメッセージを書いて知り合いに贈ることができたり。お茶の好きな人が増えるようにと、柴本さんの遊び心が満載です。

釜炒り茶づくり体験を毎年するなど、お茶づくりの楽しみを知ってもらうイベントの企画も意欲的です。

 

-----

訪ねてみたい!もっと詳しい話を聞いてみたい!という方は

(株)そふと研究室までお気軽にお問い合わせください。

 

●電話:054-272-0525

メールはこちら

 

この情報は、静岡県「茶の都しずおか」における静岡茶ツーリズム等推進システムの構築業務で取材しました。

 

 

農家 )
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 55  件):     1 ..  28  29  30  31  32  33  34  .. 55