HOME  >  お茶ツーリズム資源 取材日記  >  農家  >  【川根本町】松島園
お茶ツーリズム資源 取材日記

【川根本町】松島園

[ 628hit ]

川根の土や気象条件を最大限に生かしたお茶づくりに取り組む「松島園」。

浅蒸しの煎茶が主流ですが、何といっても一番のこだわりは“備長炭による炭火仕上げ”。天然の遠赤外線による上品な香りを求めて、日々挑戦を続けています。

 

 

「柔らかな茶葉を傷つけないように」と、あえて小さな製茶機械を使うのも、職人ならではのこだわりどころ。

 

「世界中どこを探したって、こんなに上質茶葉が生産できるところはないよ。川根の自然は世界一だ!」と太鼓判をおすのは川崎 好和さん。お茶の素晴らしさだけでなく、景観の美しさも多くの人に知ってほしいと願います。茶畑ウォーキングをはじめ、所有地「百年の森」でのトレッキング、アウトドア体験など、とことん自然を楽しむアイデアやプログラムも!

 

 

地域の茶農家が、自宅や茶畑を開放して自慢の川根茶とお茶請けを無料で提供する「川根茶縁喫茶」にも参加。この日は園主の“川根弁でうんちくを語るおもてなし”が楽しめます。

 

-----

訪ねてみたい!もっと詳しい話を聞いてみたい!という方は

(株)そふと研究室までお気軽にお問い合わせください。

 

●電話:054-272-0525

メールはこちら

 

この情報は、静岡県「茶の都しずおか」における静岡茶ツーリズム等推進システムの構築業務で取材しました。

 

 

農家 )
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 55  件):     1 ..  29  30  31  32  33  34  35  .. 55