HOME  >  お茶ツーリズム資源 取材日記  >  農家  >  【川根本町】樽脇園
お茶ツーリズム資源 取材日記

【川根本町】樽脇園

[ 476hit ]

 

川根本町と浜松市、ちょうどその境にある「樽脇園」。

無農薬・有機栽培(無農薬は30年前から!)を実践する、安心と安全にこだわった生産者さんです。

 

「うちは満月だけでなく、新月にもお茶を摘んでいるんですよ」

そう言って、樽脇 靖明さんが見せてくれたのが新月のお茶。

 

 

懇意の林業家が行っている新月伐採がヒントとなり、お茶も木(ツバキ科)だからやってみようと始めたそうです。3年前からは、新月のお茶摘み体験もしているとのこと。

 

そして、“お茶も木”という考えをさらに発展させて生まれたのが「おがっティー」。

聞いてびっくり、食用木粉パウダー(おが粉)を混ぜた粉末茶です。

木を食べるということで、おそるおそる飲んでみると、意外と飲みやすく、でも木の香りをしっかり感じる味でした。花粉症や便秘が楽になった、と買う人が増えているそうです。

 

“お茶も木”という視点を教えてもらい、目から鱗が落ちるばかりでした。

 

 

-----

訪ねてみたい!もっと詳しい話を聞いてみたい!という方は

(株)そふと研究室までお気軽にお問い合わせください。

 

●電話:054-272-0525

メールはこちら

 

この情報は、静岡県「茶の都しずおか」における静岡茶ツーリズム等推進システムの構築業務で取材しました。

 

 

農家 )
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 55  件):     1 ..  33  34  35  36  37  38  39  .. 55