HOME  >  お茶ツーリズム資源 取材日記  >  農家  >  【袋井市】竹内農園
お茶ツーリズム資源 取材日記

【袋井市】竹内農園

[ 611hit ]

“きらっと雲母のように光るような葉“だったから」

そんな素敵な感性で『きら香』と名付けたのが、発見者の竹内 清美さん。

偶然見つけた白色の茶葉を、挿し木で少しずつ増やし、生産と販売にいたりました。

 

(写真提供:竹内 清美さん)

 

「きら香」は、普通のお茶よりも旨み成分が多く、玉露のような甘みが特徴。

そして何より、新茶の時期に茶畑の新芽がきらきらと金白色に輝く光景は、とても神秘的!

こうした特性を生かすべく、自治体の協力のもと、「きら香」のブランド化や周知に取り組んでおり、

その一環として開催された「きら香」の手摘み体験は、たいへん好評だったそうです。

 

次に足を運ぶときは“金白色の神秘的な茶畑を見てみたい”そんな思いが募ります。

 

 

-----

訪ねてみたい!もっと詳しい話を聞いてみたい!という方は

(株)そふと研究室までお気軽にお問い合わせください。

 

●電話:054-272-0525

メールはこちら

 

この情報は、静岡県「茶の都しずおか」における静岡茶ツーリズム等推進システムの構築業務で取材しました。

 

 

 

農家 )
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 55  件):     1 ..  39  40  41  42  43  44  45  .. 55