【掛川市】茶の蔵かねも

2016/3/4 18:24 投稿者:  hanako

創業明治5年(1872年)、掛川の歴史ある製茶問屋「茶の蔵かねも」。

店頭には、掛川の深蒸し茶や、世界農業遺産に認定された「茶草場農法」でつくられたお茶が並びます。

 

 

「お茶を買ってもらうきっかけになれば」と角替(つのがえ)惠子さん。外国人観光客や地域イベントの受入、店舗2階ホールでクラシックコンサートの開催など、お客さんに足を運んでもらえるよう、開かれたお店づくりをしています。将来的にはお店で茶歌舞伎(闘茶)もやりたいと積極的です。

 

 

「実はこれ、安政の大地震で崩れた掛川城の瓦なんです。外に瓦屋根もありますよ」

 

角替さんが見せてくれたお店の入口にある瓦は、なんと1854年当時のもの!また、店舗の裏道は旧東海道で、ここを歩く人もたくさんいるそうです。

 

 

通りを進んでみると、常夜燈や七曲(ななまがり)など当時の名残があり、掛川の歴史を身近に感じることができました。

 

 

-----

訪ねてみたい!もっと詳しい話を聞いてみたい!という方は

(株)そふと研究室までお気軽にお問い合わせください。

 

●電話:054-272-0525

メールはこちら

 

この情報は、静岡県「茶の都しずおか」における静岡茶ツーリズム等推進システムの構築業務で取材しました。

茶商 )