HOME  >  お茶ツーリズム資源 取材日記
お茶ツーリズム資源 取材日記

85 - 90 件目 ( 90 件中)    1 2 3 4 5 6 7 8

【浜松市】八蔵園

【浜松市】八蔵園20年前、「八蔵園(やぞうえん)」鈴木 猛史さんの呼びかけのもと、地区の組合すべてが有機茶栽培に切り替わりました。組合全体での例は珍しく、その栽培面積は、静岡県の有機茶栽培面積の約1/3を占めるそうです。  八蔵園は、春野の山の中腹、標高約400mの場所に茶園があります。とにもかくにも足を運んでもらわないことには!と、地元住民と移住者が自宅を開放...

詳細を見る!→

【浜松市】農事組合法人はるの逸究園

【浜松市】農事組合法人はるの逸究園「山のお茶の特徴は、味と香り。特に香りは、昼夜の温度差がある標高の高いところならでは」山のお茶への想いとこだわりを語った中小路(なかこうじ)嘉久さん。  中小路さんが代表を務める「はるの逸究園(いっきゅうえん)」は、そんな山のお茶を一心につくる7軒の農家から成る農事組合法人です。共同摘採を前提とした経営手法は、静岡県の事業モデルとして...

詳細を見る!→

【浜松市】有限会社まるたま

【浜松市】有限会社まるたま 地域を元気にしたいという想いで、お茶摘みや手揉み体験など、ツアーの受入をしてきた「まるたま」。 現在、柱となっているのは手揉み体験で、時間に合わせて各工程が楽しめる4コースが揃います。そのほか、三方原開拓者の屋敷跡にある茶畑でお茶摘みという、町の歴史を絡めた興味深い体験を行ったことも。  「数人なら、店舗横の庭の中にある茶園でお...

詳細を見る!→

【浜松市】有限会社カネタ太田園

【浜松市】有限会社カネタ太田園静岡県西部、天竜川上流の山間部は、昼夜の寒暖差が大きく、川霧、山霧が発生するなど、茶栽培に適した地域として知られています。  昔ながらの浅蒸し製法が自慢の「カネタ太田園」。自然環境の特性を活かした土づくり、肥料づくりにこだわり、長年畑と向き合ってきたのは太田 昌孝さんです。お茶にかける情熱、農業を通じた深い人生哲学は、厳しいながらも魅...

詳細を見る!→

【浜松市】長谷川製茶株式会社

【浜松市】長谷川製茶株式会社 安心安全なお茶を飲んでほしいと無農薬栽培にこだわる「長谷川製茶」。 年数回に加え、新茶の時期にも実施するお茶摘み体験を始めて、6年ほどになります。「新茶の時期にしかない、茶葉の香りや手触りをお客様に知ってほしい」採算度外視でやるのは、こうした想いが根底にあるから、と長谷川 吉朗(よしあき)さん。“お客様への恩返し”という言葉からも...

詳細を見る!→

【浜松市】栗崎園

【浜松市】栗崎園浜松市天竜区で、環境保全型の農業を実践している「栗崎園」。 「効率重視ではなく、できる限り昔ながらの自然な農法を大切にしています」と、年に2回、茶畑の精密な土壌診断を実施。「現場で測定する数値で畑の健康状態をチェックするんです。人間ドックみたいなものですよ」と笑う栗崎 貴史さん。  “お茶のある暮らしの楽しさを広めたい”と、愛知...

詳細を見る!→

85 - 90 件目 ( 90 件中)    1 2 3 4 5 6 7 8