HOME  >  お茶ツーリズム資源 取材日記
お茶ツーリズム資源 取材日記

73 - 84 件目 ( 90 件中)    1 2 3 4 5 6 7 8

【御前崎市】丸池製茶株式会社

【御前崎市】丸池製茶株式会社「これから大きくなる子どもたちに、急須で淹れたリーフのお茶を飲んでもらいたい」そう語るのは、「丸池製茶」に嫁いだ“よめっこ”戸塚 彩子さん。お茶に親しんでもらえるようにと、店舗でお茶の淹れ方教室を開いています。また、お茶をつくる現場を一人でも多くの人に見てもらえるよう、新茶の時期の工場見学やお茶摘みも相談の上なるべく受入していきたい...

詳細を見る!→

【御前崎市】株式会社売茶坊まるよ

【御前崎市】株式会社売茶坊まるよ「御前崎のお茶は、太陽の恵みをいっぱい浴びたお茶」そう表現してくれたのは、「売茶房(ばいさぼう)まるよ」の赤堀 譲治さん。御前崎市では、日照時間の長さや、静岡県で最も早い摘採地という特性を強みに、早生品種である「つゆひかり」を町ぐるみで推進しています。 売茶房(ばいさぼう)まるよでは、そんな御前崎のお茶を工場直売。御前崎灯台にある潮騒の...

詳細を見る!→

【御前崎市】株式会社山亜里製茶

【御前崎市】株式会社山亜里製茶銘茶の産地、牧之原台地で栽培される良質な茶葉の特徴を最大限に引き出せるよう、深蒸し製法にこだわりをもつ「山亜里製茶」。  試飲や鑑定体験など、人数やご要望に合わせて対応できますよ」と、にこやかに語るのは常務取締役の増田 能久さん。「御前崎の海の幸と、お茶を組み合わせたツアーもおもしろいね」といったアイデアも豊富です。  御前崎市で...

詳細を見る!→

【菊川市】株式会社美緑園

【菊川市】株式会社美緑園広大な牧之原台地の豊沃な赤土と長い日照時間。そんな自然条件に恵まれた「美緑園」のお茶は、葉肉が厚く、その旨みを最大限に活かした深蒸し製法が特徴です。  お店のすぐ前にある道路は、通称「お茶街道」とよばれ、新茶最盛期にはツーリング族が多く訪れるそうです。「一面に広がる茶園の景観と新茶の香り。この時期ならではの贅沢をもっと広くPRできれば」...

詳細を見る!→

【菊川市】NPO法人おがさ茶のらく

【菊川市】NPO法人おがさ茶のらく菊川市小笠地区の茶生産者を中心とした団体「NPO法人おがさ茶のらく」では、菊川の特産品であるお茶についての理解や関心を深めてもらおうと、様々な企画を実施しています。主な対象は小中高生ですが、もちろん大人もOK。通訳がいれば外国人もぜひ!とのこと。 「菊川は昔からのお茶処。色々な体験を楽しみながら、もっとお茶を身近に感じてもらいたい」と語るのは...

詳細を見る!→

【菊川市】堀川園

【菊川市】堀川園畑からお客様のもとにお茶が届くまでのすべての作業を、スタッフが一貫して行う「堀川園」。  「堀川園」の深蒸し茶は、“ブレンドをしない”ことが最大の特徴。「自分たちが丹精込めて育てた上質な茶葉だけを使って仕上げることに、とことんこだわっています」と話すのは店長の堀川 佳通さんです。  菊川市の若手茶農家らで結成する「茶夢来(さ...

詳細を見る!→

【磐田市】カネキチ森島園

【磐田市】カネキチ森島園お茶の生産から製造販売まで、すべてを自分たちの手で賄うことで、安心安全にこだわる「カネキチ森島園」。主に中蒸しの煎茶を手がけています。 「良いお茶をつくるには、まず良い土づくりから」と語るのは森島 康博さん。化学肥料に頼らず、昔ながらのやり方で日夜畑と向き合います。  地元小学生のお茶摘み体験や、工場見学、お茶の体験教室などは、主に...

詳細を見る!→

【磐田市】お茶のかねまつ

【磐田市】お茶のかねまつ「磐田のお茶にはたくさんの種類や味わいがあることを伝えたい」。そんな思いから「お茶のかねまつ」では、すべて静岡県磐田産の茶葉を使うことにこだわり、様々な品種をブレンド。お店では25種類ものお茶を販売しています。  県内では碾茶の生産者が少ないことに注目し、その道での第一人者になるべく意欲を燃やす松下公彦さん。碾茶は抹茶の原料としてだけで...

詳細を見る!→

【磐田市】マルヒ製茶

【磐田市】マルヒ製茶自家製完熟堆肥を使った土づくりをはじめ、環境に優しい農業で、こだわりのお茶作りに取り組んでいる「マルヒ製茶」。  「お茶の魅力や地元の良さをたくさんの人に伝えたい」と語る鈴木英之さんは、静岡県知事認定のエコファーマー。農業経営士でもあり、日本茶インストラクターとしても活躍中です。 異業種交流にも積極的に関わり、和食やスイーツなど、...

詳細を見る!→

【森町】fromあまがた(株式会社遠州工務店)

【森町】fromあまがた(株式会社遠州工務店)  「もえぎ」、「ひわ」、「わかなえ」と名付けられたお茶。いずれも、太田川を北へ上った、森町の天方地区でつくられたものです。 「天方のお茶を知ってもらいたい。距離は遠いけれど、それだけの価値があるのが山のお茶だと思う」齋木 薫さんは2013年に「fromあまがた」を立ち上げ、天方のお茶や特産品の販売、情報発信に力を注いでいます。  「もえぎ」...

詳細を見る!→

【掛川市】茶の蔵かねも

【掛川市】茶の蔵かねも創業明治5年(1872年)、掛川の歴史ある製茶問屋「茶の蔵かねも」。店頭には、掛川の深蒸し茶や、世界農業遺産に認定された「茶草場農法」でつくられたお茶が並びます。  「お茶を買ってもらうきっかけになれば」と角替(つのがえ)惠子さん。外国人観光客や地域イベントの受入、店舗2階ホールでクラシックコンサートの開催など、お客さんに足を運んでもらえる...

詳細を見る!→

【掛川市】株式会社美笠園

【掛川市】株式会社美笠園掛川の深蒸し茶と言えば、全国茶品評会で産地賞を受賞したこともある人気のお茶。  ここ「美笠園」でも、あつかっているお茶はほぼすべて深蒸し茶です。同じ掛川市でも地区によって茶葉の個性が異なるため、それぞれに適した荒茶製造を依頼したり、現場で指導したりすることもあるそうです。「深蒸し茶独特の味と香りを出すため、特に火入れにこだわっていま...

詳細を見る!→

73 - 84 件目 ( 90 件中)    1 2 3 4 5 6 7 8